ストレス

ストレスによる緊張状態は眠りを妨げる原因になります。また、ストレスで一度不眠に陥いると不眠症や過食、多量飲酒などを通して、肥満、高血圧、糖尿病、うつなど心身症のリスクにもなります。ストレスを解消する方法を学び実践することが重要です。

睡眠前に副交感神経を活発にさせることが良眠のコツです。ぬるめのお風呂にゆっくり入り、好きな音楽や読書などでリラックスする時間をとって心身の緊張をほぐします。半身浴は心臓への負担も少なく、副交感神経を優位にさせ、睡眠の質を向上させてくれることが分かっています。

※副交感神経:寝ているときやリラックスしたいときなど身体を休めるときに働く神経のこと

執筆者(「三島 和夫」)
タイトル(「不眠症」)
サイト名(「e-ヘルスネット」)
URL(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html
運営元(「厚生労働省」)

運動は午前よりも午後に軽く汗ばむ程度の運動をするのがよいようです。厳しい運動は刺激になって寝付きを悪くするため逆効果です。短期間の集中的な運動よりも、負担にならない程度の有酸素運動を長時間継続することが効果的です。

※有酸素運動:ウォーキングやジョギングなど、長時間継続して行う運動のこと

執筆者(「三島 和夫」)
タイトル(「不眠症」)
サイト名(「e-ヘルスネット」)
URL(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html
運営元(「厚生労働省」)

睡眠時間には個人差があります。「◯◯時間眠りたい!」と目標を立てないでください。どうしても眠気がないときは思い切って寝床から出てください。寝床にいる時間が長すぎると熟眠感が減ります。日中に眠気があるときは午後3時前までに30分以内の昼寝をとると効果的です。

執筆者(「三島 和夫」)
タイトル(「不眠症」)
サイト名(「e-ヘルスネット」)
URL(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html
運営元(「厚生労働省」)

ストレスは眠りにとって大敵。音楽・読書・スポーツ・旅行など、自分に合った趣味をみつけて上手に気分転換をはかり、ストレスをためないようにしましょう。

執筆者(「三島 和夫」)
タイトル(「不眠症」)
サイト名(「e-ヘルスネット」)
URL(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-02-001.html
運営元(「厚生労働省」)

ストレスを上手に発散したり対処したりすることが下手であったり、ストレスをためやすい性格が原因で、からだの病気=心身症になりやすいことがわかってきました。

※心身症:心理的要因が病気の発症に大きく影響する病気の総称

執筆者(「小牧 元」)
タイトル(「こころとからだ」)
サイト名(「e-ヘルスネット」)
URL(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/heart/k-05-004.html
運営元(「厚生労働省」)

それでも眠れないことで日中の生活に影響が出ている。
または既に不眠症状が一カ月以上続いている。市販の睡眠改善薬を服用しても睡眠が改善しない。
そのような場合は、専門医へ相談することをお勧めします。
不眠症は精神科や心療内科または不眠症外来で扱います。
専門医を受診して不眠について相談するだけでも不眠恐怖は和らぎます。

お近くの医療機関を探す