Loading…%
# ____ _     ____ ____ __            __   ___ _  _
# [__   |      |___ |___ |__]   |___| |__| |      |_/
# ___] |___ |___ |___ |        |     | |   | |___ | \_

class IamABusinessMan:
	sleep = "Im sleepy..zzzz"
	val = "IE doesn't work."
	hp  = 100 # hit point
	san = 100 # SAN値
	tasks = []

	def __init__(self, arg):
		self.sleep = arg
	def Zone(cls):
		if cls == 0:
			print("ゾーンに入りました。")
		else:
			print("体力が足りません。")

	#仕事の開始
	def startJob(hp,san):
		if san < 10:
			Drink = DrinkClass('energy_drink')
			self.takeDrink(Drink)
			self.takeFive()
			self.startJob(hp,san)
		else:
			for task in tasks:
				doTask(task)
#
#	def stopJob(hp,san): #仕事を止める
#	def doTask(): #タスクを処理する
#	def takeDrink(drink): #飲み物を飲む
#	def takeFive(): #休憩する
#	def getSleep():
#		print("I can't sleep seriously!!")
#
class DrinkClass:
	kbn = 'coffee'
	hp  = 10
	san = 15
	def __init__(self, arg):
		self.san = arzz.zzzz

tesz = IamzzzzzzzzzzZZZZZZZZZZzzzzzzzz
Zzzzzzzz..z.zz.z.....
Zzzzzzzz..z.zz.z.....
Zzzzzzzz..z.zz.z.....

SleepHack(スリープハック)

眠れぬ人こそハックせよ!

icon_facebookicon_twittericon_hatena
\ 医師が語る快眠メソッドとは? /【無料】オンライン座談会の参加詳細はこちら!

Sleep Hack を立ち上げた想い

平均睡眠時間の国際比較によると、
日本人の平均睡眠時間は7.4時間と、
OECD諸国の中で最も短く
(※OECD2018年度調査)

日本人の5人に1人は「日中、眠気を感じた」
「睡眠時間が足りなかった」
「夜間、睡眠途中に目が覚めて困った」
など睡眠に課題を抱えています。
(※厚生労働省 平成25年国民健康・栄養調査)

睡眠不足は様々な悪影響を及ぼします。

そんな
眠れない人に本気で眠ってもらう活動」として
』を立ち上げました。

スリープハックを楽しもう

睡眠改善による効果

睡眠を改善するメリット1「ヒトは就寝中に全身の細胞を修復し記憶を固定する」

睡眠には、「レム(REM)睡眠」と「ノンレム(non-REM)睡眠」があります。
眠りにつくと、初めに「ノンレム睡眠」に入り、その後「レム睡眠」に切り替わります。この2つがセットになり、個人差はありますが、入眠から覚醒までおおよそ90分周期で繰り返しながら、心身を整えます。

まず、深い眠りの「ノンレム睡眠」では、脳から「成長ホルモン」が分泌。傷ついた全身の細胞を修復し、疲労を回復させて肌も再生します。また、エネルギーをためたり、免疫機能を高めたりする効果や、記憶を固定する働きがあります。
(Kevin J MacDonald, et.al Sleep medicine reviews. 2021 Jan 23;59;101453. pii: S1087-0792(21)00038-1.)

そして「レム睡眠」は、身体を休養させ、「ノンレム睡眠」と同じく脳内を整理し記憶を固定します。日中の活動で興奮した脳を鎮めてくれる時間です。
このように、「レム睡眠」「ノンレム睡眠」には、それぞれ役割があり、どちらも心身を修復・再生させる重要な役割を担っているのです。

睡眠を改善するメリット2「効率のよい睡眠は疾患を予防する」

睡眠を十分に取れないとホルモンバランスや自律神経は乱れ、血圧や血糖値、コレステロール値が上昇。高血圧や糖尿病、高脂血症などの「生活習慣病」も引き起こす可能性があります

また、人間は17時間続けて起きていると、血中アルコール濃度0.05%と同じくらいのパフォーマンスになるといわれています。これは、ビール1~2本、日本酒1~2合を飲んだ、ほろ酔い程度の集中力に相当します。24時間起きていると、血中アルコール濃度0.10%で、ビール大瓶1本飲んだ量に相当し、このときと同等程度のパフォーマンスになります。
(D Dawson, K Reid:Nature. 1997 Jul 17;388(6639);235.)

さらに睡眠不足が続くと、全身に倦怠感が現れ、集中力は著しく低下します。仕事上も効率や生産性が落ち、常習的に欠勤が続くなど、悪影響を及ぼします。交通事故や産業事故を起こすリスクも高まることもあります。
また精神疾患のきっかけになることもあり、うつ病などの初期症状として睡眠障害は良くみられます。
(A T Berger, K L Wahlstrom, et.al : Sleep health. 2019 04;5(2);175-179. pii: S2352-7218(18)30246-8.)

睡眠を改善するメリット3「睡眠により本来持つ力を存分に発揮できる」

海外の研究によると睡眠不足もしくは睡眠の質の低下が mind wandering(MW)、つまり目の前のタスクとは関係ない事を考えてしまう現象を引き起こす大きな要因になっていると報告されています。
(Esperanza Jubera-Garcia, et.al : Biochemical pharmacology. 2021 Feb 17;114478. pii: S0006-2952(21)00074-5. 

これは、日常多くの人に見られる現象である「ボーッとしてしまう」ということです。この時間が長くなれば仕事のパフォーマンスは下がり、クリエイティブな思考にも影響を及ぼします。

そのため、質と量、両方を満たした睡眠をとることで、自分が本来持っている力を存分に発揮できるといえます。体内リズムを整えて、十分な睡眠を確保できれば、目覚めが良くなり仕事の効率が上がることが期待されます。また睡眠時間が増えることで体内リズムを整えやすくなるといった好循環が生まれるでしょう。

それぞれのSleepHack

慢性的に睡眠不足が続き、放置していると日中の心身の調子に大きな影響を与えます。SleepHackでは皆様に快適な睡眠をとってもらうため、睡眠改善のお役立ち情報を用意しました。

それぞれのSleepHack

日頃眠れないあなたのために、オリジナルのHackな情報を公開中。
インタビュー動画・記事・イベントレポートをCheck

I'm sleepy…

I'm sleepy…